2015年05月23日

5/23(土) 映画『アラヤシキの住人たち』本橋成一監督に取材してきました!

ポレポレタイムス社のご厚意で4月27日のフォーラム@使い捨て時代を考える会事務所(フラットな情報交換と意見交換の場)
で、新作映画「アラヤシキの住人たち」の試写と意見交換会をさせていただきました。

DSCF5241.JPG

今日が大阪十三の第七藝術劇場で初日(6月12日まで上映予定)でしたので、本橋成一監督に取材してきました。
また詳しく、会の会報「あんてな」とこのブログでも報告させていただきます。
とてもいい映画で、初日満員でした。この会とリンクするようなおすすめの映画ですよ。
京都シネマでも上映決定です(日程未定)。
DSCF5350.JPG

インタビューする使い捨て時代を考える会理事のYさん
DSCF5310.JPG

話がずれますが
4月27日に映画上映のときは一品持ち寄りとしたのですが、
これがおいしかったこと。前日のこの指とまれ農場 援農での筍まで登場しました。

DSCF5243.JPG

DSCF5246.JPG

4月27日試写を見たH井さんの感想です
+++++++++++++++++++++++
『アラヤシキの住人たち』試写会を見て  

『あんてな』4月号で映画のチラシを見た。大きな茅葺屋根の家がいいなあと思い参加した。
 ストーリーは大自然の中で共働生活を送っている住民たちの一年間の映像記録といったところだ。この住民たちは今の社会で肉体的・精神的な生きづらさを抱える人もそうでない人もだれもが固有に持つそれぞれの能力を尊重し合い生活している。春になれば皆が田植えで力を合わせ、ヤギを飼い、旧家の手入れをする。誰もが自分の出来る事をする。茅葺家の外には大自然が広がり、街では味わうことのできないゆっくりとのんびりとした時間が流れ、こういうところでは人をおおらかにする力があるように思えた。でも、時にはお互いの意見がぶつかる時もあるのだけれど、いつも自分の全てを受け止めてくれる人がいて、安心して出戻りもできる居場所がある。なんて素敵な人たちだろう。
 いい言葉だなあと思ったのは、結婚式の場面で牧師さんが「競争ではなく共働(協同)を」。今の私がものすごく望んでいる事だと思う。
 だれもが自分にふさわしい仕事(役割)があるはずで誰もが得手不得手があり、お互い補い合えばいいのにと常々思っている。ここでは必要以上の物をもつ必要もなく、大自然の中で皆と一緒に自分の出来る仕事をして、自分たちの収穫した作物を共に食べる。それで生活が成り立っている事に拍手をした。自然に合わせた生活は体力的につらそうではあるが、ものすごく健康的な生活だ。電気や物を大量に消費する今の暮らしと比べると、なんて不便なんだと思いがちだが、この住民達は人間にとって本当に豊かな暮らしをしているのだと思えた。
 映画で流れたチェロの音色、歌声、ご・は・んの板木の音で元気づけられ、赤ん坊やヤギの出産シーンで生命のかがやきを感じた。
最後になるが今回の真木共働学舎のような居場所が各地に増えていく事を切に願う。







posted by 使い捨て時代を考える会 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所

2015年01月25日

食育ワークショップ1月25日「発酵の不思議 味噌作りワークショップ」

今日、1月25日の味噌作り講習会は25家族。たくさんの人でした。
DSCF4938.JPG

最初に安全農産供給センターのイゲタ醤油でおなじみ、創業150年奈良の井上本店の6代目社長吉川修さん
の醤油レクチャー。
吉川さんのところの醤油はじっくり2年熟成させるのです。季節の気温の上がり下がりを待ちます。
人工的に四季をぎゅっと縮めません。

DSCF4891.JPG

論より証拠ということで
味見体験味比べ。味に深みがある。まろやかである。 熟成を縮めたものは 鼻にツンとくる、さすような味だという感想

DSCF4895.JPG

DSCF4926.JPG

吉川さん、中に入って、トーク。

DSCF4897.JPG

そのあと味噌マイスター、 タガシラさんから味噌作りDVDをみながら解説。

DSCF4916.JPG

実地にタガシラさんがつけた一年前の味噌を開けます。

DSCF4928.JPG

すごい人だかり

DSCF4931.JPG

そして実地に味見です。これが美味しかったです。

DSCF4954.JPG

こどもたちのコピー.jpg


そのあとは、こどもたちは紙芝居鑑賞

DSCF4964.JPG

そして
大人たちは パフォーマー ワダさんの解説

DSCF4967.JPG

いい一日でした。

味噌作りは、さらに使い捨て時代を考える会事務所でで、2月16日(月)17日(火)
とおこないます。いつも人気で満員です。
早めにお申し込みください。
http://www.anzennousan.com/%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1.html
















posted by 使い捨て時代を考える会 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2015年01月24日

明日1/25は発酵味噌作り食育ワークショップ

明日はキャンパスプラザ京都で
味噌作り食育ワークショップです。

今日の京都新聞に告知が出ました。

まだ少しだけ席に余裕があります。
新聞記事には予約要と書いてありますが、
それにはこだわらず来てみてください

味噌新聞記事.jpg

posted by 使い捨て時代を考える会 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所

2015年01月17日

1月16日(金)新入会員懇親会

16日金曜日は新入会員懇親会でした。
 毎月一回開いています。

DSCF4872.JPG

お昼ご飯も豪勢です
会の生産者の野菜と玄米ご飯と具沢山のお味噌汁

DSCF4874.JPG

新入会員だけでなく、だれでもきてください。いろいろ素朴な疑問にツッチーが答え、「野菜はともだち」委員会の人が料理したり、料理の疑問に答えます。

次回は2月10日(月)10:30〜です

来られる方は野菜の準備がありますので、申し込んでくださいね
075-361-0222






posted by 使い捨て時代を考える会 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所

2015年01月15日

1月25日(日)親子で楽しめる食育ワークショップ「発酵の不思議 味噌作り見学」

食育ワークショップ1/25 発酵の不思議 味噌作り見学
   
 寒くなりました。味噌作りの季節となりました。コウジによるいっぱいの微生物と酵素による発酵のフクザツ〜なカラミアイは、インスタントには本来とてもできません。お子さん向けの紙芝居も交え、そしてベテラン会員さんの「味噌づくりひと工夫」も交え、試食しながら、楽しく食育ワークショップをおこないましょう。
 安全農産で扱っているイゲタ醤油の吉川修さんも来てくれます。
詳しくは↓
http://www.s-shoyu.com/inoue/index.html
 
「醸造とは!?」

 私たちが普段使っているイゲタ醤油の醤油は、どういう考え方とやり方で作られているのでしょう。滅多にない経験の機会です。直接聞いてみましょう。
 まだ少し席に余裕があります。お誘いあわせのうえぜひご来場ください。この機会に会員じゃないお友達さんとかを誘ってもらって会のよさを知ってもらえたらと願っています。

 ■日時:1月25日(日)13:30〜16:00
 ■場所:キャンパスプラザ2Fホール
 ■参加費:保護者1000円 ※おこさん3人まで無料
              ※会員はポコ5枚進呈
 ■申込:使い捨て時代を考える会事務所 TEL:075-361-0222
                    FAX:075-361-0251

井上本店の看板.jpg

井上本店(吉川さんご夫妻).jpg



0125みそづくり外部.jpg



posted by 使い捨て時代を考える会 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所

2014年12月09日

あきらめたり、なげいたりせず 一人でもできることを・・・槌田劭エッセイ

 何のための政治なのだろうか。なにか白けた選挙である
突然の解散に理由不明の選挙、700億円の出費という。

 久しぶりに同窓の集まりがあった。師走の慌ただしい頃だが、
老人だからヒマなのである。60年前の青春を思い出し、若返っ
たのだが、歳のせいだろう、恥ずかしながら愚痴っぽい。

 ほんとに世の中無責任だ。子どもに金を与え飢え死にをさせる親
の世を嘆く。道徳教育教科化も話題になったが、自分たちの習った
「修身」を思い出した。「ウソは泥棒のはじまり」と教わったが、
敗戦とともに、五族協和、正義の聖戦、神州不敗、いずれもウソだ
った。しかし、戦争を導いた政治家も軍人も責任をとらなかった。

 
 現実の今もそうだ。原発を推進してきた政治も財界も、福島原発事故
の悲劇の責任はとらない。「アンダーコントロール」。世界に偽物の
演説でオリンピックを誘致した。「ウソを百ぺん言えば真実に」とは
ナチスドイツの広報戦略だが、麻生副首相ではないが、ナチスに学ぶ
ということか。そして、いま、「この道しかない」と再び危険な道に
進もうとしている。集団的自衛権や秘密保護法である。

 しかし、安倍首相にも良心があるのだろう。「美しい国、日本」との
持論はかくれた。日本には恥と謙譲の文化がある、と思いたい。しかし、
自分の名を冠した「アベノミクス」と当人が語る。「美風も消えた」と
嘆き節では仕方ない。「老人にも一票がある」と正気に戻った。
 白けていては未来がない。


京都府候補者・政党への政策アンケート結果のHP
http://1214kyoto.com/index.html


槌田さんのカバンの背中に一人デモの言葉が目立ちます
DSCF4867.JPG

DSCF4864.JPG






posted by 使い捨て時代を考える会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所