2014年06月11日

被災地のこども保養キャンプゴーワクが朝日新聞記事に

本日の朝日新聞に
被災地のこども保養キャンプ、ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ
http://tukaiste.sakura.ne.jp/%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e4%bf%9d%e9%a4%8a%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97.html
の紹介がのりました。

保養キャンプ新聞記事.jpg

保養キャンプスタッフ募集しています。
スタッフが足りていないそうです。ぜひぜひ

今年もやります!ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ2014夏の家
●○●ご協力のお願い●○●

 ゴー!ゴー!ワクワクキャンプはこれまで本当に多くの方のご協力により、5回のキャンプを実施することができました。使い捨て時代を考える会のみなさまには、施設・資金・食材提供、食事づくりのお手伝い、イベント開催など多岐にわたって力を貸していただいています。改めて感謝申し上げます。
今年もキャンプ開催の運びとなりましたのでお知らせいたします。

【2014夏の家 概要】







つきましては今回もご協力のお願いを申し上げます。

○食事づくり
 内容:昼食・おやつ・夕食の準備
 朝10時ごろ〜夕方17時半ごろまで/宿泊でも日帰りでも可

○こどもの見守り
 内容:こどもたちの安全面を見守る
 原則として医療講習会・こども見守り勉強会(同日開催)への参加が必須となります。
 できる限り長期で参加されることをお奨めします。 

○中心的役割を担ってくださる方
 内容:食事づくり…食材管理・献立の把握・支持出し、など
     こども見守り…こどもたちの安全面を見守る
    事前準備・片付け…キャンプ期間前後で物品調達や掃除など

事故から丸3年が経ったこと、中心的メンバーが若い世代であることなどから、準備を進めるメンバーも減ってきています。しかし東日本の汚染状況をみれば、保養キャンプやホームステイなどの受け入れ活動や移住支援の取り組みは必要であり、増えこそすれ減ってはいけません。こどもたちが健やかに成長するため、汚染地域に暮らす人が諦めてしまわないため、西の人間の忘却を止めるため、ゴーワクは活動を続けていきたいと思います。至らない点も多い私たちですが、どうかご協力のほど、よろしくお願いいたします。






posted by 使い捨て時代を考える会 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99508549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック