2013年11月25日

たくあん・白菜漬け講習会

暮らしの知恵として昔から日本人が伝承してきた手作りの保存食品や発酵食品、

その美味しい知恵を残していきたいという思いから

暮らしの知恵シリーズとして、味噌、ジャム、佃煮、梅干、ぬか床、玄米の炊き方など、

年間を通して事務所で講習会を開いています。

DSCF3417.JPG

会員さんが、肩の力を抜いて自分の暮らしでたくわえた知恵を公開しているのですが、

毎回好評で、たくさんの方に参加いただいています。

今回はたくあん・白菜漬け講習会。


大根は天日干しして「く」の字に曲がるようになったら使います。

DSCF3398.JPG


塩とぬかをよく混ぜて、ぬか塩を作ります。

DSCF3418.JPG


大根は交互に置いて、すきまなく並べます。

DSCF3424.JPG


昆布、鷹の爪、干した柿の皮をのせます。

DSCF3425.JPG


「落しぶた」をして大根の2〜3倍の重量の重石をします。

DSCF3430.JPG


はくさい漬けにはゆずもいれました。

DSCF3436.JPG


キッチンでは参加者みんなで食べるお昼ごはんの準備中。

DSCF3408.JPG


玄米ごはん、手づくりの味噌でつくった味噌汁、講習会に関連したおかずをみんなでいただきました。

DSCF3440.JPG

次回は12月2日(月)おせち料理講習会です♪
posted by 使い捨て時代を考える会 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81355973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック