2018年08月07日

2018年9月9日(日)オーガニック連続セミナー 食べて納得!有機野菜

食べて納得!チラシ.jpg

facebook→https://www.facebook.com/events/270973953490066/

++++++++++

9月9日(日) 食べて納得!有機野菜
 オーガニック連続セミナー 食べ物が私たちをつくる

有機野菜のおいしさを味わってみよう!
@ まず、有機野菜についてのお話を聞く
A 実際に、有機野菜の料理を食べてみる
Bそれから、料理した人のお話を聞いて、食べたひとの感想も伝え  てみましょう
■対象:要予約 先着申込み15名 使い捨て時代を考える会の会員ではない方     直接連絡申し込みをお願いします
■会 場:使い捨て時代を考える会事務所兼アンテナショップふっと       
■日 時:2018 年9月9日(日)10:30~14:00ごろ
■主 催:NPO法人使い捨て時代を考える会
     安全農産供給センター
■共 催:日本有機農業研究会
■問合・申込み:TEL 075-361-0222 FAX 075-361-0251
        email : info@tukaisutejidai.com
※事前申し込み歓迎・でも飛び込みもOK・お子さん連れ歓迎
■参加費:一般1000円(学生500円)

【後記】
『食べて納得!有機野菜」感想

 『勝負あり』  会員Mさん


私は、二十代の頃、ひどいアトピーになった。

ステロイドに頼りきってしまうのが怖くて、東洋医学の病院にせっせと通い、食生活を変えて克服した。

それ以来、家で買うものは、ほぼすべて信頼できる店のものにし、野菜・果物は有機のものを中心にいただいてきた。
だから、一般のスーパーで売っている野菜には興味がないのだが、実際、本当にそんなに味が違うものかなという思いもあった。

安全農産の野菜って本当においしい!と友人たちは言う。

たしかに、おいしいと思う。

でも、はっきりした違いがわからなかった。

今回は、あえて食べ比べることで、やっぱり、有機野菜は違う!!と断言できるようになる絶好のチャンスだと思って参加した。

子どもには、「おいしいお昼ごはんが食べれるで。」と、甘い言葉で誘って無理やり連れ出した。

さて、食べ比べたものは、Fスーパーで買ったおくら、ピーマン、なす(すべて国産)と、センターで供給された同じ種類の野菜。

おくらとピーマンは生。なすは蒸してあった。

子どもは、おくらは食べたが、味の違いはあまりわからないようだった。

ピーマンとなすには手をつけない。

オイオイ。

せっかく来たのだから、「センターの野菜おいしい!」と目を輝かせてほしかった。

期待外れ。

私はというと、うーん、おくらとピーマンはよくわからなかった。

しかし、なすはべつもの!センターのは、しっかりした噛みごたえと濃い香りと味。

他方は、なんだか水っぽい。

ふにゃふにゃで、香りと味は流れちゃったの?という感じ。

20代前半の青年は、「ぜんぜん違いますね!」と、やっぱ有機は違うよな、といううれしそうな表情でパクついていた。

私って、味に鈍いのかなとちょっとドキっとしたが、他の方も、なすは歴然とした差があるとコメントされていたので、やれやれ。

有機野菜がおいしいというのは、たぶん、気持ちのせいもあるだろう。

安全だという安心感。

さらに、○○さんが汗水流して作ってくださったという感謝の気持ち。

そう、○○さんを知っているか知らないかで、気持ちは大きく変わる。

直接知らなくても、センターのお便りなどで顔写真を見たり、コメントを読んだりして、身近に感じていれば、野菜を手に取った時に親しみがわく。

そして、鮮度。やっぱり、フレッシュなものはおいしい。

見た目も、キラキラしていて美しい。
 今回は、食べ比べの皿以外にも、玄米ご飯、センターの野菜や卵、会員さんの畑の野菜を使った、心にも体にもおいしい食事をいただき、さらに、素敵な活動をされている会員外の方たちの参加もあって、話も弾み、ホットな会になった。

ありがとうございます。

調理してくださった「野菜は友だち委員会」のみなさまに心から感謝!!
 
posted by 使い捨て時代を考える会 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184118951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック